三学不動産 法人事業部 : 建築窓用防災ガラスフィルム製品施工販売

■ 私たちの提案:防災・BCP事業継続対策は、ガラスフィルムで日常を「賢く・センス良く・機能的に」

■ 私たちの考え方:「人・資産」に対する有形上のリスクマネジメント及びキャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フローとの関係において、① 事故・自然災害等からの怪我の軽減や人的資産・構造資産等の「知的資産」の保護、② 被害を受けた際に機能損壊した建物施設の機能回復にかかる修復作業工程期間・業務稼働停止時間の短縮化施策を検討のうえ、飛散防止機能付きガラスフィルム(JIS:日本工業規格A5759適合)設置をご検討ねがいます。

 建築窓用ガラス飛散防止フィルムが備える普遍的な機能には、事故・災害発生によって建築物のガラスが割れた際、鋭利な破片となって周りの「人・物」に向かって飛び散るガラスの性質を、飛散防止フィルムの粘着力により保持し、それによってガラス破片の飛散や窓枠からガラス板が落下を少なく抑える効果があります。

 事故・地震等発生時における室内待機の安全性及び初動対応による二次被害拡大の抑制、並びにガラス破片の飛散防止による避難経路の確保等、JIS:日本工業規格A5759に適合する飛散防止機能付きガラスフィルム設置が採用されています(身体・財産に対する補償の軽減対策としてもご検討ねがいます)。

ガラス飛散防止フィルムを設置したときに想定されるメリットガラス飛散防止フィルムの普遍的な機能は、次の動画をご覧ください。映像著作権:3Mスリーエム タイトル:スコッチティントウインドフィルム ガラス破壊実験、フィルム基材:PET(ポリエステル) ※ ガラス飛散防止機能 JIS:日本工業規格A5759適合

・A法:衝撃破壊試験=ショットバック試験(人体衝突事故、台風やガス爆発等での物体衝突事故を想定したガラス破壊試験)

・B法:層間変位試験(地震の揺れによる建物変形(層間変位)によるガラス割れを想定したガラス破壊試験)

 事故・地震等発生時における室内待機安全性及び初動対応による二次被害拡大の抑制、並びに割れたガラスが飛散しない避難経路の確保等、JIS:日本工業規格A5759に適合する飛散防止機能付きガラスフィルム設置が採用されており、有形上のリスク管理から身体や財産に対する補償の軽減対策としてもご検討願います。

例示:事故・地震等災害発生時におけるガラス割れ破片飛散・ガラス板落下からの避難経路のバリアフリー ⇒ ① 平時の避難誘導計画での想定時間と、事故・災害発生により現場がガラス割れ破片飛散した状況での避難時間とのギャップ ② ガラス割れ破片飛散による人的被害・物的被害の補償に対する軽減対策

 他人にかかる迷惑を小さくするため、有形上のリスクマネジメントから、事故・災害発生時の初動対応による二次被害拡大の抑制や知的資産の破壊からの復旧作業工程期間の短縮化・BCP対策(事業継続計画)の場面で、ガラス飛散防止フィルム設置は有効な施策として存在しています。

光線過敏症の方、肌の美容を大切にする方へ:紫外線カットの波長基準を確認していますか?

 

 紫外線UV-Aは窓ガラスを通り抜けます。太陽光による波長において、目には見えない光である紫外線は建物施設・窓付近の床材及び室内の調度品の劣化を早める大きな要因の1つとされます。

 弊社が施工取扱いをするガラス飛散防止フィルムに、健康的な室内環境を考慮するうえで紫外線の最長波長領域UV-A400nm対応・目に対する負担が大きいブルーライトを低減するガラス飛散防止フィルムがあります。太陽光の紫外線最長波長領域UV-A380~400nmは目に対する負担が大きいほか、UV-A370~400nmは皮膚深層部まで入り込みコラーゲンを変性させて肌の「しわ・シミ」といった美容にも影響するといわれます。

 女性の習慣を気に掛けて下さい。肌への負担を減らすために屋内では日焼け止めクリームに頼るのを減らす職場環境・オフィス空間にしたい、室内を太陽の光で明るくしても身体の健康を守れる建物施設にしたい、窓のレースカーテンを開放して季節や時間の流れと共に変化する外の景色を楽しみたい等、室内に居るだけで毎日続けられる環境作りをご提案します。

 議論を進めるうえでファシリテーター役の知識・理解によっても議論の質が変わります。議論のメンバーには女性の意見も傾聴して下さい。女性らしい美的センスや外部から嫌な視線を感じる場所など、カタログデータや施工の思案だけでは得られない知見が可視化されます。お客様の理解の向上・知識の整理のために、議論の場でのお手伝いをさせていただきます。

 三学不動産 法人事業部:東日本対応

☀肌の美容、目・皮膚の紫外線アレルギーには、室内に居るだけで毎日続けられる、窓ガラスに貼り付けて太陽光からの紫外線最長波長領域400nmの99%カット対応・目に負担が大きいブルーライトを低減するガラス飛散防止フィルムがあります。

 ブルーライトは電磁波のうち、波長が380~400nmの紫外線及び400~500nmの可視光線(可視光)の領域で生じているとされ、紫外線の380~400nm領域を ” 目に悪い領域:Bad Eye Sector ” と言われています。

 富士フィルムの研究では、地上に届く紫外線のうち、約50%を占める紫外線最長波領域370~400nm(富士フィルムでは、この領域を「Deep UVA」と呼ぶ)が、肌深部へ到達することを確認したと発表しました。2014,11/13

 日本皮膚科学会の見解では、紫外線は波長が長いほど皮膚の奥に入り込む性質があるとしており、上記、富士フィルムの紫外線に関する研究成果の発表と整合性が見られます。

 また、ロート製薬のWebサイトでは紫外線UV-Aが、肌のしわ・シミの発生に大きく影響すると公表されています。⇒ 波長が長い紫外線UV-Aは、肌の奥まで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼす。例えば、コラーゲンを変性させ、しわの原因になっていくなど、気づかない間に肌に影響を及ぼしていた。しかも、紫外線UV-Aはオゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線UV-Bの20倍以上も地上に降り注いでいる。雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質を持っているため、曇りの日や日当たりの良い建物の中でも紫外線対策が必要です。※ 出典/ロート製薬 Webサイト抜粋

※ 備考:ここで標記するブルーライトとは紫外線領域の波長(380~400nm)のことであり、テレビジョンやパソコン・スマートフォン等から生じるブルーライトの可視光線(可視光)領域の波長(400~500nm)とは区別します。以下、同じ。

 目・皮膚などの紫外線アレルギーやコラーゲンを変性させて肌のしわ・シミに影響するといわれる紫外線最長波長領域UV-A400nmカット対応・可視光線領域ブルーライト低減ガラス飛散防止フィルム設置により、

! 窓のレースカーテンを開放して季節や時間の流れとともに変化する外の景色を楽しみたい

! 室内を太陽の光で明るくしても身体の健康を守れる建物施設にしたい

! 肌への負担を減らすために、屋内では日焼け止めクリームに頼るのを減らせる職場環境・オフィス空間にしたい

 等、ガラスフィルムの選択及び施工までを含めて、お客様からのご相談に対応できます。 Deep UV-A

日本の行政庁では、紫外線及び光を表す可視光線(可視光)の波長領域の判断基準が2通りに分かれています。

 画像著作権:気象庁

(1)経済産業省 ガラスフィルムのJIS:日本工業規格A5759:2008で定める紫外線領域のうち、UV-B領域は300~315nm、UV-A領域は315~380nmの範囲とされています。根拠/JIS:日本工業規格A5759:2008 紫外線3.3

 また、光を表す可視光線(可視光)は、視感覚を起こすことができる波長380~780nmの放射とされています。根拠/JIS:日本工業規格A5759:2008 可視光線3.2

 ここから、経済産業省の基準では、380~400nmのブルーライトは紫外線の領域には含まれず、全て可視光線(可視光)の領域内であると読み取れます。

(2)環境省や国土交通省外局気象庁、並びに医療・薬事・化粧品分野で使われている紫外線UV-A領域は315~400nmまでの範囲とされています。根拠/気象庁 オゾン層・紫外線の基礎的な知識、日本皮膚科学会、紫外線アレルギーに関する紫外線UV-A波長領域 等 ⇒ これにより、380~400nmはブルーライトの紫外線領域と読み取れます。

 ブルーライト領域の紫外線低減効果のあるガラス飛散防止フィルムとは、JIS:日本工業規格A5759適合のガラスフィルムよりも広く、380~400nmまでの領域も含めてカバーしている製品になります。

 富士フィルムの研究では、地上に届く紫外線のうち、約50%を占める紫外線最長波領域370~400nm(富士フィルムでは、この領域を「Deep UVA」と呼ぶ)が、肌深部へ到達することを確認したと発表しました。2014,11/13

 太陽光の波長は、紫外線領域・可視光線領域・近赤外線領域の3つに分類され、目に見える光として「可視光線」が、目には見えない光として「紫外線」と「近赤外線」があります。目に見える光・目には見えない光、どちらも太陽光であり、光が物質(例示:ガラス)に吸収される事によって熱に変換されて物質の温度を上昇させます。但し、紫外線の光が物質に吸収されて生じる熱への変換は太陽光全体の3%~5%前後とされ可視光線や近赤外線の光が物質に吸収されて熱に変換するのと比べて小さいため、紫外線対策をしただけでは遮熱効果は生じないとお考え下さい。⇒ 紫外線対策として肌への日焼け止めクリームを塗っても、それだけでは夏の暑さの軽減にはなりませんよね?

■ 弊社でフィルムサンプルを、ご覧いただけます。ブルーライト領域紫外線低減のガラスフィルム(サイズ目安A3より若干小:ヨコ300mm、タテ400mm)の現物で、色合い等ご確認ください。

U4-100CL・クリア(※ 日本製)、メーカー/ネックスフィル:U4-400CL・クリアイエロー、U4-6580・モスグリーン調、U4-3099・青緑色 ※ ホームセンターでは販売しておりません。

  

 ガラスフィルム販売のサイバーレップス

■ 弊社でフィルムサンプルを、ご覧いただけます。遮熱タイプ・低放射タイプのガラスフィルム(サイズ目安A3より若干小:ヨコ300mm、タテ400mm)の現物で、色合い等ご確認ください。※こちらのUV-A低減対応波長領域は380nmまで(380nmよりも長い波長は可視光線領域として製品設計されているタイプ)。

住友理工:リフレシャインTW32、富士フィルム:MF-400(全厚91㎛、電波透過率99%以上で通信障害の無いフィルム、携帯電話・wifi 等)、ソルーシア(CP)社:LEP70 ※ ホームセンターでは販売しておりません。

  

 3Mスリーエムジャパン サンゲツ

 建物施設への窓ガラス飛散防止フィルムによる、プライバシー確保・営業秘密エリア対策、ガラスパーテーションへの意匠性(デザイン)フィルム設置による室内空間の色彩調整等、ガラスフィルムの選択及び施工までを含めて、お客様からのご相談に対応できます。

※ ガラス飛散防止フィルムは、有機溶剤の遮熱断熱コーティング施工で生じる強い臭気や頭痛等身体に悪影響の有機ガスが発生する事はありませんので、混同なさらないよう申し上げます。

建築窓ガラス飛散防止フィルムの普遍的機能

事故・災害発生時の室内待機安全性確保及び避難経路のガラス破片飛散防止によるバリアフリー

建築窓ガラス飛散防止フィルム設置から進める有形上のリスクマネジメント:人的資産・構造資産等の「知的資産」保護・BCP対策(事業継続計画)、防災害機能アップ

自然災害によるガラス破壊・強化ガラス破壊の被害実例 写真出展:文部科学省補助金事業(財政支援制度)

施設機能強化推進

 施設の防災機能強化・怪我の軽減対策には、事故・災害発生時における室内待機安全性確保及び自力避難困難者等を含めた避難経路のガラス破片飛散防止によるバリアフリーを含めて、ご検討をお願いします。

 建築窓用ガラス飛散防止フィルムが備える普遍的な機能には、事故・災害発生によって建築物のガラスが割れた際、鋭利な破片となって周りの「人・物」に向かって飛び散るガラスの性質を、飛散防止フィルムの粘着力により保持します。それによってガラス破片の飛散や窓枠からガラス板が落下を少なく抑える効果があり、事故・地震等発生時における室内待機の安全性及び初動対応による二次被害拡大の抑制、並びにガラス破片の飛散防止による避難経路の確保等、JIS:日本工業規格A5759に適合する飛散防止機能付きガラスフィルム設置が採用されています(身体・財産に対する補償の軽減対策としてもご検討ねがいます)。

 窓ガラスは面積が大きく・設置枚数が多くなれば、その分だけ太陽の光を室内に多く取り入れる事ができ、また、不動産ロケーションの良いエリアでは代替性のない広がりのある景色を得られます。

 その一方で、夏には外気から暑い日射熱が室内に入り込もうとし、冬には暖められた室内の熱が外に逃げようとするため、冷房暖房器具の電気代負担増や、事故・災害時のガラス割れによる鋭利なガラス破片の飛散や窓枠からガラス板の落下等による怪我での身体・財産に対する補償の軽減対策のほか、法人様であれば建物施設の機能損壊や業務の稼働停止による契約関係の履行の可否等の側面を併せ持ちます。

 ガラス飛散防止フィルム(JIS:日本工業規格A5759)は、ガラスへの人体衝突・物体衝突の他にも地震の揺れでの建物変形(層間変位)によるガラス割れも想定されており、ガラス破片の飛散や窓枠からガラス板の落下を少なくする効果があり、「人・財産」への補償軽減の具体的対策としてもご検討ねがいます。

例示:事故・地震等災害発生時におけるガラス割れ破片飛散・ガラス板落下からの避難経路のバリアフリー ⇒ ① 平時の避難誘導計画での想定時間と、事故・災害発生により現場がガラス割れ破片飛散した状況での避難時間とのギャップ ② ガラス割れ破片飛散による人的被害・物的被害の補償に対する軽減対策

 他人にかかる迷惑を小さくするため、有形上のリスクマネジメントから、事故・災害発生時の初動対応による二次被害拡大の抑制や知的資産の破壊からの復旧作業工程期間の短縮化・BCP対策(事業継続計画)の場面で、ガラス飛散防止フィルム設置は有効な施策として存在しています。

「人・資産」に対する有形上のリスクマネジメント及びキャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フローとの関係において、① 事故・自然災害等からの怪我の軽減や人的資産・構造資産等の「知的資産」保護、② 被害を受けた際に機能損壊した建物施設の機能回復にかかる修復作業工程期間・業務の稼働停止時間の短縮化施策を検討のうえ、ガラス飛散防止フィルム(JIS:日本工業規格A5759適合)設置をご検討ねがいます。

【 施工事例 :窓ガラス飛散防止フィルム設置 ⇒ 現地状況:ベランダ無し・窓ガラスの下は駐車場で、人の往来あり。窓ガラスは網(ワイヤー)入りタイプ。※ お客様との検討項目:災害等によりガラス割れが発生した場合の人・物への被害の低減対策 ※ 東日本大震災当時、隣地の家の瓦落下被害の賠償問題を記憶

【 施工費用について 】

 ガラス飛散防止フィルム設置施工のお見積りについて、弊社ではフィルム製造メーカー(3M、サンゲツ 等)が公表しております、フィルム材料費を含む1㎡あたりの設計施工金額(標準施工金額)をベースにしております。なお、他社が商慣習で行っている材料管理費・材料移動費・駐車場代・宿泊費などの項目による費用は、頂戴しておりません。但し、施工場所が遠隔地となる場合は、お客様とご相談のうえでお客様訪問出張費をご請求させていただいております。

※ 最低施工面積:施工面積10㎡以上で承ります。※ 個人のお客様へ:施工面積等、ご相談ください。

 ガラスの面積は、サッシュ(窓枠)を含まない「ガラス面の縦×横」で求めます。

私たちのサイトアドレス https://casico.biz

私たちは 合同会社 三学不動産 法人事業部

本店 〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺1丁目6番8-204号 TEL:022-355-9844

Email:

お問い合せフォームについて:現在、お問い合わせフォームは設置しておりません。お客様が保有するEメールアドレスを管理するWebサイトサービスから、メール・添付ファイル等の送信、ご対応をお願いいたします。

会社法 法律事務に伴う敷地建物契約代理、不動産権利等重要事項説明調査のページ

三学不動産:光線過敏症・紫外線アレルギー、肌の美容にUV-A400nmカットフィルム

三学不動産 法人事業部:防災安全・BCP事業継続対策に建築窓ガラス飛散防止フィルム設置