私たちのサイトアドレス https://casico.biz Webサイト運営管理 三学不動産 法人事業部:東日本対応 / CASICOには光を表す可視光の意味を持たせています。

 TQM(戦略的方針管理に基づく総合品質経営)やBSC:バランスド・スコア・カードなどに取り組まれる法人様では、大野耐一さんによる有名な「 Just in time 」が実感を持ち易いものとして、指導者である経営コンサルタントから紹介される事が多いと思います。

 その逆に、現実の法人経営のジャストインタイムが崩れる1つに、事故・災害発生による一連の因果連鎖プロセスの一部損壊があります。

「Just in time」を紹介する経営支援のコンサルタントからは「可動率と稼働率」の言葉が持つ意味の違いを説明されていると思います。業務停止している間、キャッシュ・イン・フローは生じませんが、キャッシュ・アウト・フローは流れ続けています。

 建築窓用ガラス飛散防止フィルムが備える普遍的な機能には、事故・災害発生によって建築物のガラスが割れた際、鋭利なガラス破片となって周りの「人・物」に向かって飛び散る性質を、飛散防止フィルムの粘着力により保持します。それによってガラス破片の飛散や窓枠からガラス板が落下を少なく抑える効果があり、事故・地震等発生時における室内待機の安全性及び初動対応による二次被害拡大の抑制、並びに避難経路のガラス破片飛散からのバリアフリー等、JIS:日本工業規格A5759に適合する飛散防止機能付きガラスフィルム設置が採用されています(人的補償・物的補償の軽減対策としてもご検討ねがいます)。

 他人にかかる迷惑を小さくするため、有形上のリスクマネジメントから、事故・災害発生時の初動対応による二次被害拡大の抑制や知的資産の破壊からの復旧作業工程期間の短縮化・BCP対策(事業継続計画)の場面でも、ガラス飛散防止フィルム設置は有効な施策として存在しています。

ガラス飛散防止フィルムを設置したときに想定されるメリットガラス飛散防止フィルムの機能は、次の動画をご覧ください。映像著作権:3Mスリーエム タイトル:スコッチティントウインドフィルム ガラス破壊実験 ※ガラス飛散防止フィルム 基材:PET(ポリエステル)

ガラス飛散防止機能 JIS:日本工業規格A5759適合

・A法:衝撃破壊試験=ショットバック試験(人体衝突、台風やガス爆発等での物体衝突を想定したガラス破壊試験

・B法:層間変位試験(地震の揺れによる建物変形(層間変位)によるガラス割れを想定したガラス破壊試験)

 

私たちのサイトアドレス https://casico.biz Webサイト運営管理 三学不動産 法人事業部:東日本対応 / CASICOには光を表す可視光の意味を持たせています。

私たちは 合同会社 三学不動産 法人事業部

本店 〒984-0051 仙台市若林区新寺1丁目6番8-204号 TEL:022-355-9844