三学不動産 法人事業部 不動産ロケーションと窓の可能性を考える会社

光線過敏症の方や肌の美容(紫外線による肌のシミ・シワの抑制)を大切にする方へ:紫外線カットの基準波長を確認してますか?

「紫外線UV-Aは窓ガラスを通り抜ける」を、素ガラス(複層ガラスLow-E 断熱タイプ)の部分及びUV-A380nm対応フィルムとUV-A400nm対応フィルムを使って、その違いを紫外線チェックカードで可視化したものです。素ガラスの部分及びUV-A380nm対応フィルムでは紫外線にチェックカードが反応します。

☀肌の美容、目・皮膚の紫外線アレルギーには、室内に居るだけで毎日続けられる、窓ガラスに貼り付けて太陽光からの紫外線最長波長領域400nmの99%カット対応・目に負担が大きいブルーライトを低減するガラス飛散防止フィルムがあります。

 ブルーライトは電磁波のうち、波長が380~400nmの紫外線UV-A及び400~500nmの可視光線(可視光)の領域で生じているとされています。

 画像著作権:気象庁

■ 弊社でサンプルをご確認いただけます。ブルーライト領域対応紫外線低減のガラス飛散防止フィルム:U4-100CL・クリア(※ 日本製)、NEXFIL(ネックスフィル):U4-400CL・クリアイエロー、U4-6580・モスグリーン調、U4-3099・青緑色(サイズ目安A3より若干小:ヨコ300mm、タテ400mm)※ ホームセンターでは販売しておりません。

 

上)ブルーライト領域紫外線低減フィルムU4シリーズ ガラス飛散防止フィルムのカラーイメージ:現物のフィルムサンプルをご覧いただき、色合い等ご確認ください。※ 真ん中のフィルム無しの部分は、白色のコピー用紙です。

! 肌への負担を減らすために、屋内では日焼け止めクリームに頼るのを減らす職場環境・オフィス空間にしたい

! 窓のレースカーテンを開放して季節や時間の流れとともに変化する外の景色を楽しみたい

! 室内を太陽の光で明るくしても身体の健康を守れる建物施設にしたい

 等、ガラスフィルムの選択及び施工までを含めて、お客様からのご相談に対応できます。 Deep UV-A

U4シリーズ光学特性データ(公表/製造メーカー:ネックスフィル社(※U4-100CLは日本製)、日本代理権:サイバーレップス 様)

品番

遮蔽係数

可視光線透過(%)

可視光線反射(%)

日射透過(%)

日射反射(%)

日射吸収(%)

IR遮断

日射取得率(%

日射遮断率(%)

U4-100CL

0.98 89.0 8.5 82.0 9.0 9.0 11.0

U4-400CL

0.97 88.1 9.5 75.5 8.2 16.3 24.5 0.84 20.3

U4-6580

0.57 71.4 10.2 39.7 14.6 45.7 81.6 0.5 49.1

U4-3099

0.4 28.4 6.3 17.6 5.9 76.5 99.0 0.35 65.6

U4-1099

0.35 11.4 11.4 10.9 4.7 84.4 99.0 0.31 70.7

出典:ネックスフィル社公表データ、日本代理権:サイバーレップス(UVdとはサイバーレップスが使用している用語で、富士フィルムが紫外線に関する研究成果の公表でDeep UV-Aと標記しているのと同義と思われます。)

・U4-100CL:可視光線領域のブルーライトカット率30%、・U4-400CL:可視光線領域のブルーライトカット率35%、・U4-6580:可視光線領域のブルーライトカット率50%、・U4-3099:可視光線領域のブルーライトカット率99%、・U4-1099:可視光線領域のブルーライトカット率99%

 上記、U4シリーズの施工にはフィルム製造メーカーより設計施工価格(標準施工金額)は公表されていないため、施工をお任せいただける際には、現地調査のうえでお見積り金額を提示させていただきます。

★ ネックスフィル社の日本代理権を持つサイバーレップスが施工者に販売するフィルム自体の販売金額です(公式オンラインショップと同じ金額です)。

U4-100CLクリア:1㎡あたり4,800円、U4-400CLイエロークリア:1㎡あたり5,200円、U4-6580・U4-3099・U4-1099:1㎡あたり各7,000円

※ この金額に、フィルム貼り付け作業費用、必要材料費等を算出のうえ、施工お見積りの金額をご提示いたします。

※ 彩光用途の窓ガラスのうち、金属ワイヤーの網入・線入ガラス、複層(ペア)ガラスに貼り付けが可能なのは、U4-100CL及びU4-400CLになります。日射吸収率が高いU4-6580、U4-3099、U4-1099は、ガラス自体の「熱割れ」現象を引き起こす可能性が高くなります。

備考:Q、紫外線を99%カットできれば、布製品、家具、展示物等が100%日焼け・色褪せしなくなるか?

A、太陽光線は可視光線、紫外線、近赤外線(熱線)から成り、そのエネルギー比率は、可視光線45%、紫外線5%、近赤外線50%とされています。カーテン、床・畳、調度品などの長期的な日焼け(退色・劣化)原因の割合は、諸説ありますが、紫外線50%、日射熱21%、可視光線19%、その他10%とされています。これから分かるように、紫外線以外の要素が50%存在する事をご留意ねがいます。紫外線による日常的に小さなダメージは蓄積され、その要因を完全に防ぐ事はできないため、これらに対する日焼け対策としては、完全カットではなく低減とお考え願います。

 日本の行政庁では、波長380~400nm領域を紫外線とするか、又は可視光線(可視光)とするか、その判断基準が分かれています。前者は環境省・国土交通省外局気象庁の他、薬事・化粧品分野であり、後者は経済産業省となっています。

  

私たちのサイトアドレス https://casico.biz

私たちは 合同会社 三学不動産 法人事業部

本店 〒984-0051 仙台市若林区新寺1丁目6番8-204号 TEL:022-355-9844